霊園を選ぶ際は専門業者に相談して決めるのがおすすめです

霊園

子どもたちに負担をかけないアクセスしやすい霊園

合掌

父親などが亡くなったときには、その子供たちが葬儀の準備やお墓探しで苦労することがあります。しかし早めに自分自身が入る霊園を見つけて契約を結ぶと、子供たちの負担も大幅に軽くなります。けれども遠方にある霊園を選ぶとお墓参りが大変になるので、できるだけ自宅近くでお墓を見つけたいと多くの高齢者が考えています。質の高いお墓を紹介してくれる専門業者に相談するのが、霊園探しの悩みを解決する近道です。墓地の契約を結んでお墓を建てる場合の費用は、父親などが負担するのが一般的です。しかし亡くなった後の管理費を、子供たちが負担するケースも多いです。管理費が割安な墓地を選んだり、10年単位の前払い制度を利用すると、将来的な子供たちの金銭的な負担も軽減できます。子供たちが同じお墓に将来的に入る場合には、収納可能な骨壺の多さに注目して区画を選ぶのが理想的です。しかし、最近では夫婦だけで同じお墓に入る事例も多く、骨壺が2個収納可能な区画の人気も高まっています。小さな区画の永代使用料は割安であり、アクセスが便利な都市部の霊園でも気軽に契約を結べます。雨や雪の日でもお墓参りがしやすいので、都市型の納骨堂を選ぶシニア層も増えています。

Update Contents