霊園を選ぶ際は専門業者に相談して決めるのがおすすめです

霊園

霊園選びで迷わないためのポイント

お墓まいり

霊園を選ぶ時、価格や立地など様々な事を考慮して決めるかもしれませんが、その基準は人によって違いがあります。一番気になることとしてあげられるのは費用ですが、価格は霊園の種類によって異なります。なるべく低コストに抑えたい方は、競争率は激しいですが、自治体が運営している公営の霊園がお勧めです。墓の数自体が少なく早い者勝ちなので、依頼したいタイミングに空きがあるか確認しましょう。また寺院以外の宗教法人が母体の民間霊園は、費用が割安で公営より数が多いので、最近はこちらを購入される方が多いようです。依頼者がお寺の檀家である場合はお寺の境内にある墓地にお願いする手もありますが、費用は高くなっています。ただ法要や供養はしっかりしていただけるので今後のサポートを手厚くしてほしいとお考えの方にはお勧めです。また霊園を選ぶにあたっては、アクセス面での重要性も見逃せません。車で行ける場所なのか、行けなければ歩いて何分か、高齢者や足が悪い人とってどうなのかなど普段参ることを考えた時にどうであるか考えてみて下さい。もし迷っているようであればお近くの石材店などの専門業者に相談してみたり、ネットで検索してみて下さい。色々な情報を精査して自分の中での優先順位をしっかりつけて後悔のない選択をするようにしましょう。

突然の訃報の際は霊園選びを間違わないようにしよう

家族や親戚、知人の訃報を事前に分かっている場合もありますが、突然の事故や病死で亡くなることもあります。そのような際に、知人を失ってしまったショックを引きずり、適当に霊園選びをしてしまうと、後悔することがあります。例えば、費用はしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。生前故人から安く済ませたいと聞いていても、霊園の土地を先に買っておかなければ、良い霊園を選ぶことができず、何年も空くまで待たされたり、高額な霊園を勧められることもあります。そのため、故人が無くなる前から、現状家族が入っている霊園に入るのか、それとも別の霊園を選ぶのか話し合っておくことが大切です。次に新しい霊園に入る場合には、専門業者に早く相談をすることが大切です。故人が亡くなってから葬儀や霊園を決められる時間は非常に短いです。そのため、故人の想いを尊重しつつ、早くに専門業者とどこの霊園を選ぶのか、例えば故人の縁の地にするか、遺族が霊園の管理を行いやすい場所を選ぶのかを細かく決めておくことで、金銭面や遺族の肉体的負担を減らすことができます。遺族の負担を少しでも減らすために、若い時から誰がどこの霊園に入りたいのか、そして、誰が管理を行うのかを決めておくことが大切です。

特に気をつけたい霊園選びのポイントについて紹介

平均寿命が延び、日本は超高齢社会に突入しています。人は誰でも死を迎えるわけですが、それさえ忘れてしまうほど、わたしたちの生の期間は長くなっています。
それでも、いつかやってくるその時のために、準備はしておきたいものです。多くの人が頭を悩ませるのは、お墓についてです。先祖代々のお墓に入りたいというかたもいますが、これからお墓を準備したいというかたもいるでしょう。ではお墓を建てるとき、どんな霊園を選べばよいでしょうか。
まず確認しなくてはならないことは、宗教が指定されていないかどうかです。日本には様々な宗教があり、同じ宗教でも多くの宗派があります。特定の宗教、宗派のみを受け入れているという霊園もあるので、まずここを注意しましょう。
次に霊園の場所を検討する必要があります。お墓を建てると、残されたご家族がその管理をすることになります。生まれた場所など、思い入れのある土地に戻ってお墓を建てたいという希望を持っていても、そこにお参りする家族のことも考慮したいものです。距離の問題や交通の不便はないか、駐車場があるのかといったことを、ご家族も含めて検討するとよいでしょう。生前予約ができる霊園もあるので、実際に足を運ぶのがベストです。もちろん、数代にわたって利用することを考えると、金銭的な面や永代供養が可能かといった点も重要です。家族と一緒に専門業者に相談しながら、後悔の無い霊園を選びましょう。

そこで、お勧めの霊園が「メモリアルパーク」です。永代供養ができ、樹木葬といったものもあります。墓地と言えば、殺風景で暗いとこが多いですが、メモリアルパークは施設内が綺麗で、風雅な雰囲気があります。お墓の引っ越しなどもできるので、確認してみてください。

Update Contents